総量規制導入

総量規制と消費者金融には関連があります。総量規制と消費者金融の問題では、このような規制等が導入されたことにより消費者金融等の貸し金業者の業績が長期間低迷していくことになりました。大手の消費者金融業者でも大幅な業績の落ち込みや多くの消費者金融業者が破綻していくことになりました。規制の強化は、貸し金業界全体に大きな影響がありました。この総量規制が導入される前に、多重債務の問題が社会問題化したことあります。こうした問題が社会的な関心事になり、規制を導入する動きに繋がっていきました。総量規制と消費者金融の問題では、この規制は年収の3分の1を超える金額の借り入れが新たに出来なくなっています。この規制の対象になるのは、消費者金融や信販会社、クレジットローン会社等になっており銀行はこの規制の対象外になっていることが特徴の一つです。また個人向けの融資を対象にした規制であり、事業の目的等で借入れをする場合は、この規制の対象外になっています。また住宅ローンや自動車ローン等はこの規制の対象外です。総量規制の問題は、生活費の補填等として今までキャッシングを利用していた方が利用することができなくなる問題があります。また総量規制で困る人としては、借入金で借金を返済している人です。こうした人は新たに借入れができなくなります。新たな借入れができなくなると自己破産に追い込まれる人も多くなります。借金の問題等は、早くから広く一般に周知させることが必要です。