消費者金融

皆さんは総量規制という言葉を耳にしたことはありますか。消費者金融などでローンを組まれた方などは耳にしたことがあるかと思います。今回は、総量規制についてご存じの方にも、そうでない方にもわかるように、総量規制の重要ポイントとなる部分について説明させていただきます。まずはじめに、総量規制とは何なのかを説明させていただきます。総量規制とはその名の通り、量を規制する、つまり借金できる金額を制限するということです。実際にその金額はいくらかと言うと、金額は人によって変わってきます。なぜならば、年収の三分の一と規定されているからです。つまり年収300万円の人なら100万円まで、3000万円の人なら1000万円までということになります。既にこの金額まで借金をしている方は、これ以上借金をすることができなくなります。しかし、実際に借金をすることができなくなると困る場合もありますよね。例えば家を購入したり、車を購入したりなどがそうだと思います。では、抜け道はないのかというと、それが今回一番説明したい、総量規制の重要ポイントとなる部分です。実は、総量規制は銀行には適用されないのです。つまり、既に年収の三分の一まで借金をしている方でも、銀行のローンを組むことが可能であるのです。これなら、家を買う時などにも、銀行のローンを組んだりして対処することができますね。ただ、いくら総量規制の網を抜けることができるといっても、借金はできるだけしない方がいいので、注意しましょう。また、あくまで総量規制の重要ポイントとして説明させていただきましたが、審査に通らなければ銀行でも借金することができないのでその点についても注意してください。