年収の3分の1

総量規制という言葉をよく耳にしますが、これは金融機関からの借り入れ総額が年収の3分の1を超えると、それ以上の借り入れはできないという法的制度なのです。また借り入れの時に、1社で50万円、他社とあわせて100万を超える時には、基本的に年収を証明する書類が必要になるのです。この2つが総量規制の重要ポイントになります。この他にも総量規制の重要ポイントがいくつかあるので説明します。この法的制度が適用されるのは個人を対象とした消費者金融だけなのです。銀行などからの借り入れに対しては対象外なのです。また消費者金融でも借り手が法人の場合は適用されません。この総量規制の重要ポイントを知らないと、銀行から借りられるにも関わらず諦めてしまう人が出てしまうのです。全ての金融機関が総量規制の対象ではないということを、まず知っておくことが大切です。その他にも総量規制の対象にならないものとして、住宅ローンや自動車ローンなどがあります。またカードローンによるショッピングなどの返済を抱えている場合も対象にはならないのです。住宅ローンやショッピングローンを抱えている人などの中には、少量帰省の対象外であることを知らずに、借り入れを諦めている人もいるので、注意が必要です。また数社の消費者金融から借り入れをしている人で、銀行のおまとめローンを利用する場合も総量規制の対象外になる場合がありますから、利用する銀行に相談をしてください。