メリットとデメリット

2010年に貸金業法が完全施行されました。それによって借入れを利用する消費者にメリットとデメリットが生じています。とはいえ、デメリットと取るかは自分次第なんですが、貸金業法で改正された制度の中でも総量規制に悩まされている人は少なくはありません。そもそも貸金業法とは、消費者金融などの貸金業者のクリーンな営業のために儲けられた制度です。ただ、貸金業者に設けられた制度といっても、その影響は利用者にも振りかかってきます。そこで消費者にって無関係ではない総量規制の重要ポイントを紹介します。総量規制とは、消費者の年収3分の1までしか借りることができなくなった制度です。また、貸金業者1社あたり50万円を超える借金をした場合と、全体の借入金合計が100万円を超えた場合は年収を証明する書類の提出が求められます。これは多重債務者を生まないために設けられたものですが、借入れの利便性は減ってしまいました。利便性が減ったという点は総量規制の重要ポイントです。今まで以上に、消費者は借入れを賢く活用していかなくてはいけなくなっています。ただ、こうして見るとデメリットのような制度ですが、違う観点から総量規制の重要ポイントをみてください。借金地獄を抑制するためのものとして考えれば、ここには大きなメリットがあります。制度によって抑制されることで、かなりの数の人が借金地獄に足を踏み入れることなく借入れできます。これから問われてくるのは、借入れに対する計画性です。