急な出費

特別な出費が必要になることはどこの家庭にも有り得ることですが、急な出費のときに困るのが手持ちの資金が足りないときです。そこで便利なのが、手軽に融資が受けられる消費者金融の存在です。急いで現金が必要になったときはとても便利な存在ですが、でもその便利さゆえについ借りすぎたり、新たに借入を行ってしまうことがあり、問題にもなっていました。そこで登場したのが総量規制です。総量規制と消費者金融の関係はニュースなどでもよく報道されていたので、多くの人が知ることになっています。総量規制と消費者金融の関係は、総量規制では年収の3分の1を超えた金額を借りることができなくなるということがよく知られています。総量規制と消費者金融では総量規制が開始される前に年収の3分の1を超える借入をしている人の場合、その返済が気になるところですが、総量規制が施行されるまでに3分の1を超える借入があった場合は、それをすぐに返済しなくてはいけないという心配はありません。でも、すでに年収の3分の1を超えた借入をしている人の場合は、新たに借入をするはできません。総量規制は消費者金融はじめ、信販会社、クレジット会社などが対象となっていますが、銀行のカードローンは対象とはなっていません。銀行系のカードローンを利用すれば年収の3分の1を超える借入も可能となりますし、消費者金融系のカードローンに比べて金利が低いというメリットもあります。借入はどこで行うにしても返済計画はしっかり立て順調に返済できるようよく考えて行いたいものです。