個人向けと法人向け

貸付の契約には、個人向け貸付・個人向け保証・法人向け貸付・法人向け保証があります。改正貸金業法が2010年6月18日に完全施行され、総量規制が導入されました。総量規制の重要ポイントは、貸付の契約の個人向け貸付が対象になります。年収の三分の一以上の借り入れが出来なくなったという事です。逆に言えば、総量規制が導入される前は、年収の三分の一以上でもお金を借りる事が出来たという事です。もう一つ総量規制の重要ポイントとして、クレジット会社・消費者金融・信販会社・事業者金融会社からの借り入れが対象になり、銀行・住宅ローン・自動車ローン・医療費ローンは対象外になっています。簡単な例を挙げると、年収300万の人が借りられる総額は100万円で、賃貸業者は100万円以上の貸付は出来ないという事です。今借入額が0円の人は、自分の年収を考え借り入れと返済を計画的に考える事ができますが、総量規制導入時に多額の借り入れをしていた人は、来月からの借入資金繰りに困った事と思います。最後に総量規制の重要ポイントとして、この総量規制は何も借り入れしている人達を苦しめる為の法律ではないという事です。収入に対して借り入れをしすぎて、苦しむ人を少しでも減らす為に作られた法律です。ただ不景気の今、この総量規制によって、支払いが滞り、新しくお金を借りる事が出来ずに苦しむ人達が出てしまったのも事実です。自分のお金は自分で守る為に、お金を借りる時には計画的にしなければいけないと考えます。