借り入れ可能金額

総量規制の重要ポイントは、年収の一定範囲までに借入可能金額を規制することで、多重債務者の発生を防止しようとしている点です。確かに、新しく借入を起こそうとする人に対しては、効果的な規制です。しかし、総量規制の重要ポイントとして、個人の資金繰りを改善する目的を考えた時には、過去に既に年収の一定範囲以上の債務を抱えてしまった人への対応を考える必要があります。この点は、総量規制の重要ポイントとして、制度導入前にもかなり議論された部分です。制度導入前には、この総量規制導入により、個人の自己破産が急増するのではないかと懸念されていました。しかし、実際には思ったほどは個人の自己破産は増加していません。しかし、この表面上の減少は、総量規制によって貸金業者からの新たな借入が困難となった人たちが、都市銀行などの借入に一部流れているためです。借入の返済のための借入を繰り返していることは何もかわっていないため、もう少し時間が経過してくると、資金繰りが破綻する人も増えてくることが予想されます。最近の動きとして、都市銀行などは、無担保カードローンに力を入れていて、無担保カードローンの極度額拡大、利用金利の優遇などの施策を次々に発表しています。このような動きからすると、貸金業者からの借入が困難となった人たちの受け皿になりようなイメージがありますが、実際は無担保カードローンの審査は消費者金融会社が行っているケースが多く、その意味からもそのような人たちは簡単に審査が下りない仕組みになっています。