Author Archive

年収の3分の1

総量規制という言葉をよく耳にしますが、これは金融機関からの借り入れ総額が年収の3分の1を超えると、それ以上の借り入れはできないという法的制度なのです。また借り入れの時に、1社で50万円、他社とあわせて100万を超える時には、基本的に年収を証明する書類が必要になるのです。この2つが総量規制の重要ポイントになります。この他にも総量規制の重要ポイントがいくつかあるので説明します。この法的制度が適用されるのは個人を対象とした消費者金融だけなのです。銀行などからの借り入れに対しては対象外なのです。また消費者金融でも借り手が法人の場合は適用されません。この総量規制の重要ポイントを知らないと、銀行から借りられるにも関わらず諦めてしまう人が出てしまうのです。全ての金融機関が総量規制の対象ではないということを、まず知っておくことが大切です。その他にも総量規制の対象にならないものとして、住宅ローンや自動車ローンなどがあります。またカードローンによるショッピングなどの返済を抱えている場合も対象にはならないのです。住宅ローンやショッピングローンを抱えている人などの中には、少量帰省の対象外であることを知らずに、借り入れを諦めている人もいるので、注意が必要です。また数社の消費者金融から借り入れをしている人で、銀行のおまとめローンを利用する場合も総量規制の対象外になる場合がありますから、利用する銀行に相談をしてください。

借り入れ可能金額

総量規制の重要ポイントは、年収の一定範囲までに借入可能金額を規制することで、多重債務者の発生を防止しようとしている点です。確かに、新しく借入を起こそうとする人に対しては、効果的な規制です。しかし、総量規制の重要ポイントとして、個人の資金繰りを改善する目的を考えた時には、過去に既に年収の一定範囲以上の債務を抱えてしまった人への対応を考える必要があります。この点は、総量規制の重要ポイントとして、制度導入前にもかなり議論された部分です。制度導入前には、この総量規制導入により、個人の自己破産が急増するのではないかと懸念されていました。しかし、実際には思ったほどは個人の自己破産は増加していません。しかし、この表面上の減少は、総量規制によって貸金業者からの新たな借入が困難となった人たちが、都市銀行などの借入に一部流れているためです。借入の返済のための借入を繰り返していることは何もかわっていないため、もう少し時間が経過してくると、資金繰りが破綻する人も増えてくることが予想されます。最近の動きとして、都市銀行などは、無担保カードローンに力を入れていて、無担保カードローンの極度額拡大、利用金利の優遇などの施策を次々に発表しています。このような動きからすると、貸金業者からの借入が困難となった人たちの受け皿になりようなイメージがありますが、実際は無担保カードローンの審査は消費者金融会社が行っているケースが多く、その意味からもそのような人たちは簡単に審査が下りない仕組みになっています。

メリットとデメリット

2010年に貸金業法が完全施行されました。それによって借入れを利用する消費者にメリットとデメリットが生じています。とはいえ、デメリットと取るかは自分次第なんですが、貸金業法で改正された制度の中でも総量規制に悩まされている人は少なくはありません。そもそも貸金業法とは、消費者金融などの貸金業者のクリーンな営業のために儲けられた制度です。ただ、貸金業者に設けられた制度といっても、その影響は利用者にも振りかかってきます。そこで消費者にって無関係ではない総量規制の重要ポイントを紹介します。総量規制とは、消費者の年収3分の1までしか借りることができなくなった制度です。また、貸金業者1社あたり50万円を超える借金をした場合と、全体の借入金合計が100万円を超えた場合は年収を証明する書類の提出が求められます。これは多重債務者を生まないために設けられたものですが、借入れの利便性は減ってしまいました。利便性が減ったという点は総量規制の重要ポイントです。今まで以上に、消費者は借入れを賢く活用していかなくてはいけなくなっています。ただ、こうして見るとデメリットのような制度ですが、違う観点から総量規制の重要ポイントをみてください。借金地獄を抑制するためのものとして考えれば、ここには大きなメリットがあります。制度によって抑制されることで、かなりの数の人が借金地獄に足を踏み入れることなく借入れできます。これから問われてくるのは、借入れに対する計画性です。

個人向けと法人向け

貸付の契約には、個人向け貸付・個人向け保証・法人向け貸付・法人向け保証があります。改正貸金業法が2010年6月18日に完全施行され、総量規制が導入されました。総量規制の重要ポイントは、貸付の契約の個人向け貸付が対象になります。年収の三分の一以上の借り入れが出来なくなったという事です。逆に言えば、総量規制が導入される前は、年収の三分の一以上でもお金を借りる事が出来たという事です。もう一つ総量規制の重要ポイントとして、クレジット会社・消費者金融・信販会社・事業者金融会社からの借り入れが対象になり、銀行・住宅ローン・自動車ローン・医療費ローンは対象外になっています。簡単な例を挙げると、年収300万の人が借りられる総額は100万円で、賃貸業者は100万円以上の貸付は出来ないという事です。今借入額が0円の人は、自分の年収を考え借り入れと返済を計画的に考える事ができますが、総量規制導入時に多額の借り入れをしていた人は、来月からの借入資金繰りに困った事と思います。最後に総量規制の重要ポイントとして、この総量規制は何も借り入れしている人達を苦しめる為の法律ではないという事です。収入に対して借り入れをしすぎて、苦しむ人を少しでも減らす為に作られた法律です。ただ不景気の今、この総量規制によって、支払いが滞り、新しくお金を借りる事が出来ずに苦しむ人達が出てしまったのも事実です。自分のお金は自分で守る為に、お金を借りる時には計画的にしなければいけないと考えます。

消費者金融

皆さんは総量規制という言葉を耳にしたことはありますか。消費者金融などでローンを組まれた方などは耳にしたことがあるかと思います。今回は、総量規制についてご存じの方にも、そうでない方にもわかるように、総量規制の重要ポイントとなる部分について説明させていただきます。まずはじめに、総量規制とは何なのかを説明させていただきます。総量規制とはその名の通り、量を規制する、つまり借金できる金額を制限するということです。実際にその金額はいくらかと言うと、金額は人によって変わってきます。なぜならば、年収の三分の一と規定されているからです。つまり年収300万円の人なら100万円まで、3000万円の人なら1000万円までということになります。既にこの金額まで借金をしている方は、これ以上借金をすることができなくなります。しかし、実際に借金をすることができなくなると困る場合もありますよね。例えば家を購入したり、車を購入したりなどがそうだと思います。では、抜け道はないのかというと、それが今回一番説明したい、総量規制の重要ポイントとなる部分です。実は、総量規制は銀行には適用されないのです。つまり、既に年収の三分の一まで借金をしている方でも、銀行のローンを組むことが可能であるのです。これなら、家を買う時などにも、銀行のローンを組んだりして対処することができますね。ただ、いくら総量規制の網を抜けることができるといっても、借金はできるだけしない方がいいので、注意しましょう。また、あくまで総量規制の重要ポイントとして説明させていただきましたが、審査に通らなければ銀行でも借金することができないのでその点についても注意してください。

総量規制の制限

総量規制の制限はいろいろな場面で遭遇すことがあります。さまざまな種類がありますが、主に、宅配便、郵便物等が身近で、一般的である場合があります。総量規制の重要ポイントの他には、大きさも制限もある場合があります。総量規制の重要ポイントと、大きさの制限内と言う表現が多い場合があります。また、その規制を超えると、超過料金などが発生する場合がありますので、注意して準備するきとが、総量規制の重要ポイントをクリアすることになります。また、よく空港のカウンターでのやり取りの中に、機内持ち込みの分と、大きなスーツケースなどは、預ける場合があります。そこでも、総量規制の重要ポイントはある場合があります。機内持ち込みの場合は、大きさがメインになってくる場合があります。手荷物になるので、数量も規制がある場合があります。また、機内持ち込みの場合は、持ち込みの内容も規制があります。規制以外の持ち込みは、チェックされますので、没収やその他、別の手続きを踏んでからの持ち込みとなる場合が多いので、気を付けることが重要です。よく旅行の準備をする際には、そう言った荷物の下準備や、詳細の下調べも大切です。空港で時間制限のある中でのゴタゴタは、やはり、出発前には避けたいことでもあります。カウンターで預ける荷物も、総重量が超過すると、やはり、割りと高い超過料金を請求されることもあるので、大きさと重量には慎重になった方がよい場合があります。

年収を把握

最近貸金業法が改正されました。改正ポイントはいくつかありますが、その一つが総量規制です。これまで個人の借入総額に規制はありませんでしたが、この法律の改正により貸金業者からの借入総額が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れが出来なくなりました。これが、総量規制の重要ポイントの一つです。既に年収の3分の1を超える借入れがある方は、新たに借入れを出来なくなりますが、すぐに返済を迫られるようなことはありません。また、上限を超えているからといって債務者が処分を受けるようなこともありません。貸金業者は、基本的に借り手が提出する年収を証明する書類によって借り手の年収を把握します。年収を証明する書類とは、源泉徴収票や給与の支払い明細書・納税通知書・所得証明書・年金通知書などを指します。どの書類も直近のものを提出する必要があります。この年収を証明する書類は、借入れをする時には必ず提出しなければならないというわけではありません。ひとつの貸金業者から50万円を超えて借りる時、または他社からの借入れと合わせて100万円を超える時に必要となります。専業主婦などが借入れをする場合には、配偶者の同意書や年収を証明する書類が必要になったのも、総量規制の重要ポイントです。ただし、総量規制の対象とならない借入れもあります。たとえば、住宅ローンや自動車ローンなどのように、一般的に金利が低くて返済期間が長く、定型的である貸付は対象外です。これも、総量規制の重要ポイントとなります。

総量規制導入

総量規制と消費者金融には関連があります。総量規制と消費者金融の問題では、このような規制等が導入されたことにより消費者金融等の貸し金業者の業績が長期間低迷していくことになりました。大手の消費者金融業者でも大幅な業績の落ち込みや多くの消費者金融業者が破綻していくことになりました。規制の強化は、貸し金業界全体に大きな影響がありました。この総量規制が導入される前に、多重債務の問題が社会問題化したことあります。こうした問題が社会的な関心事になり、規制を導入する動きに繋がっていきました。総量規制と消費者金融の問題では、この規制は年収の3分の1を超える金額の借り入れが新たに出来なくなっています。この規制の対象になるのは、消費者金融や信販会社、クレジットローン会社等になっており銀行はこの規制の対象外になっていることが特徴の一つです。また個人向けの融資を対象にした規制であり、事業の目的等で借入れをする場合は、この規制の対象外になっています。また住宅ローンや自動車ローン等はこの規制の対象外です。総量規制の問題は、生活費の補填等として今までキャッシングを利用していた方が利用することができなくなる問題があります。また総量規制で困る人としては、借入金で借金を返済している人です。こうした人は新たに借入れができなくなります。新たな借入れができなくなると自己破産に追い込まれる人も多くなります。借金の問題等は、早くから広く一般に周知させることが必要です。

消費者金融

総量規制が施行されて、早2年になりました。総量規制と消費者金融への影響を振り返ってみると、かなり大きいものでした。体力の乏しい消費者金融はあいついで閉店しましたし、残った会社からも転職した人が少なくありませんでした資金繰りに行き詰った利用者の中には、闇金に走った人も多かったです。とはいえ、悪い面ばかりでもありません。これまで余裕のない人に高額商品を買うためにローンを組ませていた業者は淘汰されました。悪質な訪問販売も減りました。また、返済能力を超えて借り入れしていた人の中には負担が軽くなった人も少なくないといいます。弁護士業界には活躍の場となりました。ただ、総量規制と消費者金融への影響を考えるときに、過払い金の請求は業者に同情を禁じえないものがあります。払いすぎたお金を請求すること自体は正当な権利であるとはいえ、一度に大勢の人に押しかけられてはたまったものではなかったでしょう。救われる人もいれば、泣きを見る人もいた総量規制ですが、そろそろ落ち着いた印象です。そういえば最近、総量規制を見直す動きが出ているといいます。具体的な議論がなされるのはこれからになりますが、より実態に即したものになるのでしょうか。総量規制と消費者金融の第2ラウンドが始まろうとしています。議案が提出されてから可決するまでにはタイムラグがありますから実行されるとしても数年後になるでしょう。消費者金融ではお金を貸すことから別のビジネスモデルに切り替えているところもあります。

急な出費

特別な出費が必要になることはどこの家庭にも有り得ることですが、急な出費のときに困るのが手持ちの資金が足りないときです。そこで便利なのが、手軽に融資が受けられる消費者金融の存在です。急いで現金が必要になったときはとても便利な存在ですが、でもその便利さゆえについ借りすぎたり、新たに借入を行ってしまうことがあり、問題にもなっていました。そこで登場したのが総量規制です。総量規制と消費者金融の関係はニュースなどでもよく報道されていたので、多くの人が知ることになっています。総量規制と消費者金融の関係は、総量規制では年収の3分の1を超えた金額を借りることができなくなるということがよく知られています。総量規制と消費者金融では総量規制が開始される前に年収の3分の1を超える借入をしている人の場合、その返済が気になるところですが、総量規制が施行されるまでに3分の1を超える借入があった場合は、それをすぐに返済しなくてはいけないという心配はありません。でも、すでに年収の3分の1を超えた借入をしている人の場合は、新たに借入をするはできません。総量規制は消費者金融はじめ、信販会社、クレジット会社などが対象となっていますが、銀行のカードローンは対象とはなっていません。銀行系のカードローンを利用すれば年収の3分の1を超える借入も可能となりますし、消費者金融系のカードローンに比べて金利が低いというメリットもあります。借入はどこで行うにしても返済計画はしっかり立て順調に返済できるようよく考えて行いたいものです。